ビットコインが伸び悩みゲーム会社が提供する仮想通貨が伸びる理由

副業で、仮想通貨に投資をしている方においては現在、ビットコインの成長が伸び悩み、ものすごい勢いで価値を失っていっているかと思われます。
ビットコインの価値が失われる理由ですが、理由として挙げられているのは、ビットコイン自体の価値は貨幣に変わることができるかどうかです。

通常貨幣は、自由に価値が変わることはありません。
ここが貨幣の強みで貨幣は自由に価値を変えることはできませんが一定の価値があります。一方、ビットコイン側は価値を自由に変化させることができますが、これは投資により価値観が上昇しているにすぎず、実際の所はビットコインは暗号化されただけのデータです。

しかも、データ自体は単なる数字データであるため言ってしまえば貨幣のように現存するものではないため、価値が失われたり、預けていた取引所がつぶれるなどをした場合、自由にデータを取り出すことができなくなります。要はビットコインは、新しい技術や使用用途が確立されないともはや単なるデータでしかないのです。

一方でゲーム会社が提供する仮想通貨が伸びている理由は、娯楽性がありかつトレードという手法が合法となるためです。
ゲーム会社は通常自社の製品のアイテムやその他プレイヤーのレベルなどを第3者に販売することを認めていないことが多く、その理由は相互間でアイテムやレベルという物をやり取りする際、どちらか一方が約束を破りアイテムを入手しその報酬を支払わずに逃げるという問題を恐れているが故、第3者とのトレードを禁止していることが多いのです。

それをあえて、仮想通貨の取引システムを利用することで安全に取引を可能としたため、現在ゲーム会社が提供する仮想通貨の方が注目を浴びていてかつ暗号化という仕組みの有効活用ではないかと言われています。
例えば、仮想通貨の暗号化は両者が納得してトレードが成立しないと片方だけが商品を入手することはできません。双方がお互いに相手に渡すものがあってこそ成立しますので理想的なトレードを提供していると言えます。

このシステムをゲームに生かせば、ありとあらゆるものがトレードすることができ、かつ機密情報が守られたうえでトレードが成立しますので利点があります。
つまり、現在仮想通貨は利点が求められるようになってきており、何故利用すると得をするかなどの他、何が便利になるかという部分が問われているのです。今後、恐らくビットコイン側はそれらに対して改革をしないともはや、仮想通貨として高い価値を誇ることは難しいと結論付けます。